より多くの高齢者にとって良い解決方法を

最近やたらと目に付く高齢者ドライバーの事故ですが、高齢者は車を運転しない方がいいと思う反面、私が住んでいるところは田舎なのですが田舎で目立つのは高齢者が乗る軽トラックやトラクターです。多くの農家さんが高齢者なのでもし80歳以上の人は運転してはいけないなんて自体に陥ったら農家をやっている高齢者の人たちはどうなってしまうんだろうと心配になります。
確かに見ているだけでもそういう人たちは怖いなとは思うけど、それをお仕事としている以上車の運転は必須になってくるわけだしそれを禁止にしてしまったら生活していけなくなってしまうという悪循環にもなるのです。だからより多くの高齢者にとって事故率を下げるためのいい手段が見つかればいいなと思います。

なぜ人は人同士の縁を勝手に切れない関係を作ってしまうのか

親戚関係で憂鬱になったり、イライラすることが多いのですが、世の中にはもっと深刻な悩みを抱えている人がいると思うと幸せな方なのだろうなと思っています。そのように思えば少しは現在の状況を乗り越えられると思っている節もあるのですが、実際には生死を問われるほどの問題ではないので、まだまだ甘い方だとは感じます。

しかし、切っても切れない親戚筋とはどうにかならないものか、と思うこともまた事実です。あまりにもお高い思考を持つ親戚とは何とかして距離を置きたいと思っているのですが、なかなか簡単にはいかないのが現実です。

このような悩みは誰もが抱えそうなほどありふれた悩みでしょうが、ストレスとして溜めこまないことがとても大切だとも思っています。ですから、現実逃避としてアニメを見たり、音楽を聴いたりしてリラックスする時間をより多く取るように心がけています。ストレス社会に生きる者として、これは重要なことだと思っています。

絵が上手いという定義は何なのか

今日の世界は、インターネットやSNSの普及で自分の趣味を晒すことが容易になってきました。それに伴ってある人に影響されて物事を始める人も少なからずいますよね。また、アニメや漫画の普及によって絵を描くということをする人もほんの数十年ほど前よりも増えてきました。そして、タイトル名にあるように「絵が上手いという定義は何なのか」と思う人も増えてきています。とても難しい議題だと思います。

絵画にも様々な表現方法があるので、これが一番とは決めつけにくいです。絵画の表現方法によって、絵が言うまい定義は変わってきます。私の考えですが、漫画のようなデフォルメのきいた絵であれば、ある程度の角度、パースがついた絵を一般の方が上手いと思ってくれる程度だと思います。そのような絵は、故意でのデッサン崩れが逆に魅力になってくるので、逆にキッチリ完璧すぎると上手いけど味がない、漫画的表現をする界隈では本当に絵が上手いとは言えなくなってくるのではないのでしょうか。

運動会の弁当ってお母さんは作らないの?

先日子供の幼稚園の運動会がありました。小学生の子供もいるのですが、小学校は運動会のときに子供は弁当を教室で食べて、家族は家に帰ってご飯を食べるというスタイルなので家族分の弁当を作るのは年に一回のことです。なので私は気合いを入れて朝6時に起きて家族分の弁当を作りました。

朝早くからの弁当作りは疲れますが、私も母親に運動会の弁当を作ってもらったことはいい思い出になっているし、子供にも運動会の弁当の思い出を作ってあげたいと思っています。幼稚園の保護者会で仕出し弁当の事前注文をしていたのですが、実際に仕出し弁当を食べている家族が多かったのに驚きました。働いているお母さんで仕方ないのかもしれませんが年に一度くらい弁当を作ってあげたらいいのになと思いました。

気持ち良いお散歩行ってきました

今日は久しぶりに子供を連れて近所へ散歩に行ってきました。

暑くもなく寒くもなく、良い陽気になって気持ちいい。

まずは公園へ。雨が降った後で滑り台は使えず、ブランコで靴飛ばし勝負。なぜか後ろに飛んでいく靴に大激怒の息子。結局最後まで前に飛ばすことができず、テンション下り気味…撃沈する前に、次へ移動。

次は少し離れた牛を見に行きました。運が良いと道路沿いの敷地で運動させられてるので、近くで牛を見られます。今日は、残念なことにそこにはいなくて、みんな小屋の中。小屋の中だと、ほとんどお尻くらいしか見えないんですよぉ。でも、子供は大喜び。靴が飛ばせず凹んでいたことも忘れ30分くらい、牛のお尻を見ていました。

帰ろうとした時、子供が赤ちゃん牛を見つけました。そこからまた30分。長い牛見学となりました。帰りはコスモス畑を通って無人野菜売り場で買い物をして帰ってきました。昨日の雨のせいか、ブロック塀にはカタツムリがたくさん。子供は目をまん丸くして、おー!おー!連発。その中で発見したのが、長い貝のカタツムリ。あたし新種発見??なんて思って家帰って調べたら本州に良くいる物で全然珍しいものではなかっという…生まれて初めて見たんだけどなぁ。

調べてる側で、気付いたら子供は夢の中。疲れたのもあるけど、お散歩が気持ち良かったのかな。今日も大満足な散歩ができました。

母親にお誕生日カードを作りました。

娘と一緒画用紙と折り紙で母にお誕生日カードを作りました。最近、お絵描きが上手になった娘に母、娘からみたらおばあちゃんの似顔絵を画用紙に描いてもらいました。そこに折り紙で折ったチューリップのお花を花束にして貼り付けました。顔を描くのが上手な娘のために、折り紙でどんぐりや犬を折り、顔を描いてもらい、それもお誕生日カードに張りました。

なんだかアンバランスなお誕生日カードになってしまったのですが、娘は仕上がりに大満足なので良しとしました。あとは母が喜んでくれたらいいのですが。初めて、娘が描いた似顔絵、孫からのプレゼントなので喜んでくれること間違いなしだと思うのですが、渡すのが今から娘以上にドキドキしてしまいます。

エレベーターに乗る夢を見ました

夢を見ました。最初に昔の友達が出てきました。次は、病院にいる夢を見ました。何をしに来たのか分かりませんでしたが、エレベーターで3階に上がっていました。昔の友達の夢の意味は、現在から未来にかけての人間関係の示唆だそうです。

自分の人間関係に問題があるのではないかと思っているみたいです。人間関係が弱いと思っているのなら改善せよと夢がメッセージを出しているそうです。基本的に病院の夢を見た場合は、逃げ出したくなる悩みや問題を抱えている状態で、少しネガティブになっているそうです。また実際に風邪や病気、けがなどしているときに見る場合があるそうです。どちらにしても、健康運が低下していることを意味しているそうです。知れて良かったです。